2019年1月18日金曜日

<新かぶき彩時記>祝祭劇「寿曽我対面」 役柄も小道具も華やかに

曽我兄弟の持つ島台は、松竹梅の飾りは二人共通で、十郎は烏帽子(えぼし)、五郎のものは打ち出の小槌(こづち)や巻物などが乗っています。関西式では松竹梅のみだったりで、十郎も五郎も同じものを持ちます。  祝いの杯を乗せる三方にも注目。工藤の対応に怒り心頭となった五郎が、メリメリと押しつぶす「壊れ三方」は、駅弁の箱などに使われる経木製で、小道具方が毎日新しく作り、予備にも一個用意するのが心得だそうです。(東京新聞:<新かぶき彩時記>祝祭劇「寿曽我対面」 役柄も小道具も華やかに:伝統芸能(TOKYO Web))

矢内賢二の劇評 2019年1月 歌舞伎座

松本白鸚(はくおう)が四十七年ぶりに大蔵卿をつとめる。平家全盛の世をあざむくために作り阿呆(あほう)を演じていた大蔵卿が本心を明かす。その変わり目が一つの見どころでもあるが、白鸚はその落差が至極なだらか。淡々と演じているようでいて、一人の人間の内に秘めた意志と品格と屈折とが浮かび上がるように表れておもしろい。中村魁春の常盤御前、中村梅玉の鬼次郎、中村雀右衛門のお京と、いずれも安定感のある大人の舞台。(東京新聞:<評>白鸚の意志と品格 歌舞伎座「初春大歌舞伎」:伝統芸能(TOKYO Web))
歌舞伎って面白い。演者が違うと表現が変わるのですね。

2019年1月17日木曜日

長谷部浩の劇評 2019年1月 新橋演舞場夜の部

特に海老蔵の俊寛は、目をぎょろつかせて、やつれ果てた化粧で登場し、身体と精神の衰えが、このような捨て鉢な結果を生んだ。そんなリアルな解釈に基づいているように見えた。成否はともかく、こうした大作で、新しいやり方を試す自信と気力が海老蔵に備わっていることを頼もしく思う。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
荒事、源氏、与三郎などとは違う海老蔵の魅力を感じました。ロバート・デ・ニーロのような男の魅力が出ていました。

2019年1月16日水曜日

歌舞伎座「二月大歌舞伎」特別ポスターが完成

初世尾上辰之助三十三回忌追善狂言が並ぶ特別ポスターは歌舞伎座場内、木挽町広場でご覧いただけるほか、1月21日(月)からは近郊の東京メトロ主要駅などにも掲出されます。(歌舞伎座「二月大歌舞伎」特別ポスターが完成 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

3月歌舞伎公演 2019年3月 国立劇場 公演情報

真山青果=作 真山美保=演出 元禄忠臣蔵 (げんろくちゅうしんぐら)  二幕五場    御浜御殿綱豊卿 (おはまごてんつなとよきょう)(3月歌舞伎公演「元禄忠臣蔵」「積恋雪関扉」)
『元禄忠臣蔵』
徳川綱豊卿 中 村 扇  雀
富森助右衛門 中 村 歌  昇
中臈お喜世 中 村 虎 之 介
新井勘解由 中 村 又 五 郎   ほか

『積恋雪関扉』
関守関兵衛実ハ大伴黒主 尾 上 菊 之 助
良峯少将宗貞 中 村 萬 太 郎
小野小町姫/傾城墨染実ハ小町桜の精 中 村 梅  枝

 菊之助の関兵衛ですって!