2018年1月22日月曜日

亀鶴が舞台『駆けはやぶさ ひと大和』出演

派手な殺陣が大きな見せ場となる西田作品で、維新の三傑の一人とうたわれる桂小五郎を演じる亀鶴に、大きな活躍が期待されます。ぜひ、劇場へお運びください。(亀鶴が舞台『駆けはやぶさ ひと大和』出演 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
東京と大阪で公演です。

小玉祥子の劇評 2018年1月 浅草公会堂・演舞場

「新春浅草歌舞伎」は若手花形が活躍。1部は「御浜御殿綱豊卿」が見もの。松也の綱豊が、巳之助の助右衛門の攻めを最初はいなしながら、徐々に心を揺さぶられていくところをうまく出した。さっそうとし、品もある。巳之助は敵討ちを願う赤穂浪士の思いを見せた。錦之助の新井勘解由、米吉のお喜世、新悟の江島と周囲もそろう。(歌舞伎:「新春浅草歌舞伎」「初春歌舞伎」 松也の綱豊さっそう=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
仁左衛門さんに習ったそうで、この後綱豊役者と言われるかもしれません。先ずは初役及第というところです。

歌舞伎座「二月歌舞伎」襲名披露特別ポスター公開

1月29日(月)~2月11日(日・祝)、東京メトロの主要駅(銀座、日本橋、表参道、渋谷、新宿、六本木ほか)に、歌舞伎座「二月大歌舞伎」の襲名披露狂言の特別ポスターが掲出されます。(歌舞伎座「二月歌舞伎」襲名披露特別ポスター公開 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 22日~26日

22日
義経千本桜 すし屋
幸四郎・秀太郎・雀右衛門・羽左衛門

23日
盲長屋梅加賀鳶
幸四郎・秀太郎・染五郎・左團次・梅玉
吉原雀
4世雀右衛門・7世芝翫

24日
元禄忠臣蔵 大石最後の一日
幸四郎・福助・染五郎・彌十郎・歌六・東蔵
門出祝壽連獅子
金太郎・染五郎・幸四郎

25日
籠釣瓶花街酔
8世幸四郎・13世仁左衛門・6世歌右衛門・7世芝翫・4世雀右衛門

26日
梶原平三誉石切
8世幸四郎・4世雀右衛門・2世又五郎・17世勘三郎
道行旅路の嫁入
藤十郎・壱太郎・隼人

2018年1月19日金曜日

矢内賢二の劇評 2018年1月 歌舞伎座

夜の部はひときわ気合のこもる「勧進帳」の弁慶。初役の時に比べるとうんと線が太くなり安定感が増した。舞台の中央に出過ぎるなど勢い余るところもあるが、汗の飛ぶような若々しい弁慶。染五郎の義経は気品があり爽やか。対する中村吉右衛門の富樫が盤石で、武士の厚情と覚悟を漂わせて輝くような絶品。(東京新聞:<評>初春の歌舞伎座 高麗屋三代めでたく:伝統芸能(TOKYO Web))
夜の部最後の舞踊二題はもう少し楽しい演目が良かったと思います。浅草の方が一段と楽しかったです。

ブログ アーカイブ