2018年2月19日月曜日

児太郎「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ

■日時 2018年3月7日(水)18:30開演(18:15開場) ※1時間~1時間30分を予定  
■場所 歌舞伎座ギャラリー (GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階)  
■入場料 全席指定:3,000円(税込)  
2018年2月23日(金)10:00発売(児太郎「ギャラリーレクチャー 歌舞伎夜話」出演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
この一年の舞台を振り返ると、目覚ましい進展ぶり。素顔の児太郎さんも気になりますね。

菊之助が音羽屋の芸「髪結新三」初役 「父の監修で大切に継承」

五代目から六代目に継承され、当代菊五郎も当たり役としている新三。江戸なまりのせりふに、初鰹(がつお)に奮発する江戸っ子らしさ、と江戸歌舞伎の世話物(町人社会が題材)を継承する貴重な機会となる。20代は女形が軸だった菊之助だが近年は「魚屋宗五郎」など線の太い立役にも挑んでおり、「目標は父の芸の継承」だ。(菊之助が音羽屋の芸「髪結新三」初役 「父の監修で大切に継承」(1/2ページ) - 産経ニュース)
菊之助は口跡が良いから江戸っ子らしさがでると思います。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 19日~23日

19日
雪傾城
7世芝翫・勘九郎・七之助・児太郎・国生・宗生・宜生
祇園祭礼信仰記 金閣寺
白鸚・玉三郎・左團次・東蔵・梅玉・吉右衛門

20日
義経千本桜 四の切
松也・隼人・巳之助・新悟
忍入舞台裏染色 後編
染五郎

21日
鯉つかみ
染五郎・児太郎・高麗蔵・友右衛門
喜撰
勘三郎・玉三郎

22日
菅原伝授手習鑑 賀茂堤
梅玉・錦之助・福助
菅原伝授手習鑑 筆法伝授
仁左衛門・富十郎・東蔵・4世雀右衛門

23日
高麗屋三代 口上
白鸚・幸四郎・染五郎
京鹿子娘道成寺
三津五郎・秀調・巳之助

2018年2月18日日曜日

上村以和於の随談 2018年2月

その文楽は、八代目綱太夫五十回忌追善というので、咲太夫の口上があった。このところ、一種の怪物君といった風情だった若いころと比べるとちょっと心配になるくらいめっきり細くなった咲太夫だが、口上の席に座ったところを見ると、後ろに飾られた亡父綱大夫の遺影とびっくりするほど瓜二つの相貌となっている。咲甫太夫に織大夫を継がせるという。自身は終生咲太夫で通すのだろうか。さすがに、その二人で前後を語る『合邦』は久しぶりに時代物の大曲を聴いたと思わせるものであったのは、何よりめでたい。(随談第604回 東京の雪 | 演劇評論家 上村以和於公式サイト)
私も雪が降ると清元の唄い出しを口ずさみます。大江戸も今の東京も「暮れていつしか雪となり~」こんな日に三千歳に忍び逢いに行くのです。
歌舞伎、文楽他いろんなジャンルの感想が書かれています。

流石洒落てる(彌十郎ブログ)

菊五郎のお兄さんが これはおめでたい 皆様とご一緒に手を〆ようではございませんか というところで 金メダルを下しおかれた上からは 目出度く手を〆ようではございませんか と仰いました。 羽生選手の金メダルを受けて 流石菊五郎のお兄さん 洒落てるね〜(^_^)(流石洒落てる|坂東彌十郎オフィシャルブログ Powered by Ameba)
早速セリフに取り入れるとは、音羽屋のお兄さんらしいです。

ブログ アーカイブ