2006年2月12日日曜日

狂言装束展

奇抜な絵柄と色づかい あでやか 左京で「狂言装束展」 大胆で奇抜な装束を観賞する来場者(京都市左京区・京都伝統産業ふれあい館) 京都の大蔵流狂言師・茂山千五郎家の所蔵する大胆な装束を集めた「狂言装束展」が11日、京都市左京区の京都伝統芸能ふれあい館ギャラリー(市勧業館内)で始まった。昆虫から馬のひづめ、宇宙船まで奇抜な絵柄と色づかいに、来場者は笑顔で見入っていた。 (京都新聞 電子版)



歌舞伎の衣裳展はよくありますが、狂言の装束の展覧会はめずらしいですね。



<京都の大蔵流狂言師・茂山千五郎家の所蔵する大胆な装束を集めた>



展覧会で題材もユニーク、色も大胆と、面白そうです。



3月12日迄のようです。関西方面の方はお出かけ下さい。