2006年4月16日日曜日

市川ぼたん襲名披露公演

同舞踊会は、八月二十二日夜の部(午後六時)が、紅梅の常磐津「山姥」、市川海老蔵ほかで新歌舞伎十八番の内「素襖落(すおうおとし)」、ぼたんが團十郎と二人立の常磐津長唄「京人形」。 二十三日昼の部(午前十一時)は、紅梅や名取らによる市川流一門会。夜の部(午後六時)は、團十郎の常磐津「景清」、海老蔵・紅梅で義太夫「団子売」、「いつかは舞台でと思っていた」という、ぼたんの新歌舞伎十八番の内「鏡獅子」。トリを飾る二曲は、ともにぼたん初挑戦のお披露目曲。(http://www.tokyo-np.co.jp/00/mei/20060415/ftu_____mei_____002.shtml)



先にニュースでご案内していましたが演目など詳しい情報がわかりました。紅梅さん、團十郎、海老蔵親子、堀越家総出の舞踊会ですね。



ブログ アーカイブ