2006年5月7日日曜日

「外郎売」あれこれ~梅之芝居日記より

写真は幕切れ近く、工藤が十郎五郎に投げ与える<狩り場の絵図面>です。工藤が持っているので、工藤役の(音羽屋)さんの小道具とお思いになるかもしれませんが、実は師匠預かりの小道具なんです。というのも、投げた拍子に包みがほどけてはいけませんから、ひと針縫って留めておかなくてはならないのですが、そうなりますと、包みを開ける人、つまり十郎役の師匠の手勝手にあわせてセッティングする必要があるわけなのです。今月は弟弟子の仕事なので、袱紗をどういう風に包むか、どこをどう留めるか、全て師匠のやりよいようにいたしております。なお絵図面は袱紗に貼付けて、固定させております。(梅之芝居日記)

「外郎売」あれこれ、と題して今回の十郎の出るいきさつなど、詳しく書かれています。成る程お馴染みの面々が揃うと豪華ですし、舞台がいっそう華やかになります。



小道具のお話も面白いですね。菊五郎さんのと思っていたら、梅玉さんのなのですね。ヘエーー!