2006年5月14日日曜日

梅玉さんのひとりごと~5月

そして一階ロビーの祭壇、気づかれましたか?花が大好きだった父のためにと、3日ごとくらいに染井吉野,八重桜,鉄泉,菊桃,藤,芍薬,乙女百合、そして最後にもう一度芍薬と活け変えてくださり、歌舞伎座スタッフの心使いがうれしく、父の喜ぶ顔が見えるようでした。(baigyoku.com ひとりごと)



先月の追善公演のお話と今月のお役のお話などを書いて居られます。



入口入ってすぐの祭壇には目の前にいって黙祷しましたが、お花が次々に変わってお供えしたのは気づきませんでした。口上の襖絵のさくらもステキでした。お花に囲まれてニコニコしている歌右衛門の顔が目に浮かびます。