2006年5月19日金曜日

片岡 愛之助 のメッセージ

いよいよ、気がついたらあっという間に若衆歌舞伎が目前に迫ってまいりました。初の東京公演ということで、最初は随分力もはいってしまいましたが、お稽古が進むうちに自分のペースというのが取り戻せたような気がします。どこで芝居をしても同じように、お客様に楽しんでいただける舞台を勤めるのがまずは一番。その上で、関西の芝居ってなんか面白いなぁと思ってもらえたら最高だと思います。(片岡 愛之助 --- 公式ウェブサイト)



上方歌舞伎の味を残したいという藤十郎、仁左衛門の思いを着実に形にしてくれる頼もしい公演です。