2006年5月6日土曜日

渡辺保の劇評 5月演舞場

吉右衛門奮闘公演である。 昼の部の「夏祭」の団七の男伊達、夜の部の「石川五右衛門」の実悪、「紅長」の三枚目と吉右衛門という当代歌舞伎の立役者の魅力がよくわかる公演である。(2006年5月新橋演舞場)

渡辺保さんの劇評が出ました。吉右衛門の魅力満載の演舞場です。