2006年5月23日火曜日

第十二回『稚魚の会・歌舞伎会 合同公演』

さて、夏の勉強会の本チラシがついに完成しました! 柔らかな色彩の、素敵なデザインです。いずれチラシは国立劇場内の各所に置かれることになりますし、同じデザインのポスター(サイズが大きくなる)は、駅構内をはじめ、出演者が行きつけている飲み屋などにも飾られることでございましょう。改めてPRさせて頂きますけれど、いつにもまして若手が活躍する場が与えられた配役、新歌舞伎・舞踊・義太夫世話物という、オーソドックスながら大変わかりやすく見所の多い狂言立ては、いかにも勉強会といった趣きの、正攻法のプログラムです。また、舞踊の三演目は、振付でいらっしゃる藤間勘祖師のご意向で、上中下の<三段返し>の形式となり、各曲ごとの舞台転換に工夫がこらされるそうでございます。(梅之芝居日記)



勉強会のチラシが出来上がったそうです。盛り沢山の演目、熱心にお稽古した彼等の舞台を観に参りましょう。