2006年5月8日月曜日

市川亀治郎大河出演インタビュー

役者が天職だと言い切る亀治郎。市川海老蔵ら同世代の俳優と将来の歌舞伎について熱く議論することも多いという。「他の演劇を見ても全部歌舞伎が元にある。新劇もミュージカルも。言葉のリズムや日本人の持つ間はすべて歌舞伎。何でものみ込めてしまう偉大でおおらかなところが歌舞伎にはある。これから? 自分がやりたいと思ったことをやる。『オペラ座の怪人』を歌舞伎でやったらもっと面白いものが作れる。あとは歌舞伎役者を使わない歌舞伎を作ってみたい」 新時代の歌舞伎の担い手として亀治郎には大きな夢がある。(市川亀治郎、来年大河「風林火山」で信玄役に大抜てき…インタビュー:芸能:スポーツ報知)



夢多き若獅子、歌舞伎の将来に何でも取り込む頼もしい人です。大河ドラマも面白くしてくれそうですね。