2006年5月2日火曜日

平成若衆歌舞伎が初の東京公演

監修も務める秀太郎は「役者は舞台に立たないと上達しないが、関西の若手にはなかなか機会がない。この公演で、初めは足が震えて舞台に立てなかった若手が驚くほど進歩した。しかし、ある程度成長した後の一歩がまた難しい。東京では一から真摯(しんし)な気持ちでぶつかりたい」と話す。 



愛之助も「大阪では若い人だけの公演の場がなかったので、彼らとがっちり芝居ができることがうれしい。上方の役者の底力を見てもらいたい」と意気込む。(平成若衆歌舞伎が初の東京公演 : 伝統芸能 : 舞台 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))



東京でも人気の愛之助さん、上方若手歌舞伎の魅力をみせてくれることでしょう。



ウエストサイド物語のような作品と聞くと分かり易いですね。