2006年6月6日火曜日

渡辺保の劇評 6月歌舞伎昼の部

もっとも吉右衛門の後ジテは本役で、まことに立派。堂々たる出来である。ことになんとか言う文句で片足で盛綱にかかったところの形はあざやかをきわめた。 問題があるにしても、前後二役。手ごろな松羽目物で、吉右衛門の演目がまた一つ増えたといっていい。(2006年6月歌舞伎昼の部)



再演を重ね、後に残る作品の一つになると思います。宮島の時と印象が違う今回の「藤戸」楽しみです。(後半観劇予定)



冒頭で狂言立てについてふれて居られますが、同感ですね。幕開けの舞踊など印象に残らなくて気の毒です。もっと歌舞伎役者らしい演目が望ましいと思います。



夜の部共に盛り沢山ではありますが、色がまちまちな気がします。