2006年6月30日金曜日

秀山祭九月大歌舞伎 制作発表

 久々の兄弟共演に幸四郎は「歌舞伎に対する気持ちが同じなので役者としてやりがいがあります」と語ると、吉右衛門は「お互い息を合わせて立派なお祭りにしたい」と話した。(中村吉右衛門、兄弟共演に感慨:芸能:スポーツ報知)

同じ歌舞伎座出演でも、違った狂言を各々が演じていたりで、本当の共演は最近ではなかった。九月は兄弟息を合わせて良い舞台を見せて頂きたいです。染五郎は父と叔父の当たり役をみんな受け継いで良い役者になるでしょうね。