2006年6月14日水曜日

梅玉さんのひとりごと

今月は「二人夕霧」の伊左衛門を本役で勤めます。いつも書くように、上方系の和事は難しいですが、この作品は父が、自分の主催公演「莟会」で復活した狂言でございますので、東京で育った上方物といったところでしょうか。父が復活したときの伊左衛門は河内屋さんでしたから、上方の香りが強かった印象がございます。今回は先輩がいらっしゃらないので、改めて父の初演時の舞台も思い出し、皆で相談しながら稽古をしてまいりました。話は荒唐無稽でございますが、それが歌舞伎と楽しんでご覧いただきたく思っております。



先月は團十郎さんの復帰公演。久しぶりの一緒の舞台、元気に千穐楽まで勤められて嬉しかったです。歌舞伎にとって、そして友人として大切な人です。無理はしないでほしいと思いますが、彼が舞台にいないのは寂しいことですので、本当の復帰がまたれます。



<東京で育った上方物>梅玉さんは積極的に取り組んで居られ、和事の柔らかみが身についていらっしゃいます。



團十郎さんの舞台復活は本当にうれしく、先月の歌舞伎座は大はしゃぎでした。