2006年6月10日土曜日

初日観劇記 鈴木治彦

ところで私の子供の頃から学生時代にかけて、歌舞伎座の初日は「特定狂言」というのをやっていた。昼夜の出し物の中から何本かづつを選んだ芝居を1回公演で見られるという仕組みだったので大いに得をしたように思ったものである。いつの頃からかなくなってしまったが、又是非復活してほしいものだ。(初日観劇記|六月大歌舞伎|歌舞伎座|歌舞伎・演劇|松竹)



鈴木治彦さんの六月大歌舞伎初日観劇記です。舞台の感想と共に歌舞伎座をこよなく愛する気持が伝わってきます。私もどの劇場より歌舞伎座が好きです。数年後には建て替えざるを得ない建物とのこと、残念ですが安全性を考えると仕方ないのです。



番外に初日特定狂言についてふれて居られます。私も初日によく行きました。幕間が長かったり、大道具が少々ガタガタしたり、セリフが入ってなかったり・・・それが苦にならないくらい、のんびりと楽しみました。