2006年7月28日金曜日

こども体験歌舞伎 好調

国立劇場の研修生になれるのは、中学を卒業してから。幼いころからの鍛錬がものを言うだけに、それまでの“空白”を埋めようと教室を始めたところ、今年上半期は定員70人に対し、小学2~4年生の約150人が応募した。(【伝承の現場】こども体験歌舞伎 : 伝統芸能 : 舞台 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))



応募が多いということは、関心が高いということになります。子供の頃に体得したことが将来きっと役にたつと思います。役者を志す者、歌舞伎を愛する者が増えていくとうれしいです。お稽古をつける方は大変だと思いますが、やりがいあるお仕事だと思います。