2006年7月15日土曜日

渡辺保の劇評 7月歌舞伎座

 七月の歌舞伎座昼夜四本の鏡花劇のなかでは飛びぬけて「天守物語」がいい。今月はこれ一本という面白さである。劇曲としても傑作だし、富姫は玉三郎一代の当り芸、海老蔵七年ぶり二度目の図書之助がまた傑作の上に演出(戌井市郎・玉三郎)もスミズミまで神経が行き届いている。(2006年7月歌舞伎座夜の部)

渡辺保さんの歌舞伎座の劇評がでました。



昼夜通して観ますとやはり「天守物語」が一番完成度が高いです。演出、衣裳、配役三拍子そろっていて、これは、もし「玉三郎十種」みたいなものを選定するなら必ず入る演目でしょう。富姫、亀姫の奇妙なセリフのやりとり、図書之助が登場してからの二人の心の変化がくっきりと表現できていて、吸い込まれてしまいます。昼の方が売れ行き良いようですが、どちらかと言えば夜をお薦めです。



次は「夜叉が池」ですね。春猿さんはとてもきれいで玉三郎さんの演出に忠実に応えていると思いました。作品では私は「夜叉が池」が一番鏡花らしく気に入っています。ここに登場の雪姫さんの名が富姫のセリフに出てきて、関連性があるのが分かります。



「海人別荘」では、上手にいるハープ奏者が終始奏でるメロディが美しく、物語の基調を担っていると思います。白いドレスがよく似合う玉三郎さんは道中の水の中を優雅にフワフワと気持よさそうにしている様子でした。きっと趣味のもぐりの時の感覚を頭に描いているのでしょう。水中のきれいな世界を垣間見た人が得る幸せが伝わってくるようでした。



「山吹」はちょっと分かりにくい、これは他の作品にしたほうが良かったかも知れません。静の人形が印象に残る舞台でした。



今回鏡花のものばかりを上演するという企画は成功だと思います。「鏡花と新派」の時代から「鏡花と玉三郎」の時代になった、あかしのような気がします。