2006年7月28日金曜日

七月大歌舞伎劇評 小玉祥子

最後が「天守物語」(戌井・玉三郎演出)。「海神」とは逆にこちらは、玉三郎が異界の主の富姫で海老蔵が現世の人間、図書之助。緩急自在のセリフ回しで、作品世界を統べる玉三郎と朗々とした声音で純粋性を表現する海老蔵の良き取り合わせ。春猿、門之助、猿弥、吉弥、右近、薪車ら周囲も好演。(MSN-Mainichi INTERACTIVE 歌舞伎)

小玉祥子さんの劇評がでました。物語に引き込まれるセリフの緩急のうまさ、玉三郎、海老蔵のコンビの良さ、脇の好演、美術も素晴らしく、今回の「天守物語」は最高の出来だと思います。