2006年7月23日日曜日

八月納涼歌舞伎

坂東三津五郎を座頭にした東京・歌舞伎座恒例の「八月納涼歌舞伎」三部制(8~26日)は、歌舞伎舞踊と今年の干支「戌年(いぬどし)」にちなんだ演目「南総里見八犬伝」などを上演する。普段より料金も安く、分かりやすい演目とあって、都内のホテルで会見した三津五郎と中村福助は「お子さんと気軽に楽しんで」と呼びかけていた。(http://www.tokyo-np.co.jp/00/mei/20060722/ftu_____mei_____000.shtml)

夏休みですから親子で観るのも良いですね。「たのきゅう」は小さい子にも分かり易いと思います。「八犬伝」も面白いお芝居ですので、楽しんでもらえることでしょう。