2006年7月29日土曜日

UNESCO 世界無形文化遺産条約発効記念シンポジウム

2003年にユネスコ総会で採択された「無形文化遺産の保護に関する条約」が、今年1月に締結国が30ヶ国に達したことで、3ヶ月後の本年4月に発効しました。これを記念して、文化庁と(財)ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)主催による「シンポジウム」が下記の通り開催されます。(俳優ニュース)



無形文化遺産に日本の伝統芸能が選ばれたことは喜ばしいことです。今後どう取り組んでいくのか、各方面の方々の意見を伺い考えていきましょうという趣旨のようです。シンポジウムに参加するとその辺の課題が分かるかも知れません。パネリストの方々のお話を聞くのも面白そうです。





ブログ アーカイブ