2006年8月26日土曜日

今月のタテ師

<タテ(立廻りの手=演出)をつけたのは  「丸橋忠弥」は菊十郎さん、「南総里見八犬伝」は三津之助さん。  納涼歌舞伎ならではの、ハツラツとした立廻り。>

歌舞伎メルマガに書いてありました。



「丸橋忠弥」では橋之助さんがすごいスリリングなタテをみせてくれました。菊十郎さんがつけたと聞き、納得です。



「八犬伝」では大屋根での立ち廻りが見事でした。怪我をなさった方がいなければよいのですが。