2006年11月15日水曜日

小玉祥子の劇評 11月歌舞伎座

「竹の間」は仁左衛門の八汐、三津五郎の沖の井とのよき取り合わせで、舞台に緊迫感が生まれた。(MSN-Mainichi INTERACTIVE 歌舞伎)

「竹の間」は登場人物がそれぞれ良い演技で、役がくっきりと浮き立ち、顔見世ならではの醍醐味が味わえました。「床下」富十郎・團十郎も良かったです。



昼夜通して踊りが多かったですが、中でも三津五郎の身体を充分使って軽妙に踊った「願人坊主」、端正に行儀良く踊った「鶴亀」が秀逸でした。



菊五郎の初めての「雛助狂乱」は大道具の雪景色はきれいでしたが、あとは全く分からない踊りでした。絡みは最初と終わりに軽く出す程度で良かったのではと、思いました。



「五条橋」は流石の天王寺屋も弁慶の心は薄れ、親の愛情がチラチラ覗いていました。あと数年で「連獅子」が見られるかもしれませんね。