2006年11月4日土曜日

團十郎本格復帰

 昼の部「伽羅(めいぼく)先代萩(せんだいはぎ)」では、妖術を使う仁木弾正に扮し、実悪のすごみを見せて大立ち回りを演じる。白鸚、二代目松緑の2人の叔父が得意としてきた役で、松緑に教わったという。  「雲の上をふわふわ歩く場面で貫目(重み)を出せるかどうかが急所です。日本料理で言えば、ダシが決めてだが、同じ昆布とかつおぶしを使っても湯加減ひとつでダシの味が違ってくる。基本を守りながら、いい味を出したい」と語る。 (asahi.com:団十郎が本格復帰 療養後初めて、昼も夜も - 歌舞伎 - 文化芸能)

私が松緑の仁木弾正を初めて観たのは高校生の時です。花道の演出といい、いっぺんに仁木のファンになってしまいました。團十郎はその松緑に教わった由、ステキな仁木のことでしょう。



本格復帰叶い、うれしいです。無理のないようにと思いながらも、昼夜に出演と聞いて喜んでしまいます。