2006年11月15日水曜日

歌舞伎座顔見世大歌舞伎劇評 河村常雄

「床下」は、ベテラン富十郎が若々しく勢いのある男之助、団十郎が仁木で抜群の迫力。大詰では、八汐と2役の仁左衛門が悪を懲らす勝元でさっそうと登場、段四郎が外記で老忠臣を好演。([評]顔見世大歌舞伎(歌舞伎座) : 伝統芸能 : 舞台 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

読売の評も「竹の間」を褒めています。