2006年11月4日土曜日

富十郎の男之助

お家転覆の首謀者、仁木弾正(につきだんじょう)が妖術を使ってネズミに化ける。逃げるネズミを捕らえようとする男之助は、荒々しく迫力ある演技が見どころ。富十郎は、「それまでの義太夫狂言がいきなり荒事に変わる、意表を突いた演出が面白い。ご先祖様の知恵ですね」と話す。(「伽羅先代萩」富十郎 : 伝統芸能 : 舞台 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

團十郎の仁木弾正に富十郎の男之助は見ごたえ充分です。菊五郎の政岡、仁左衛門の八汐と大顔合わせでの上演です。じっくり歌舞伎味堪能できる大舞台です。これだけ贅沢な顔合わせは滅多にありません。芸術の秋、歌舞伎座に足を運びましょう。