2006年11月4日土曜日

渡辺保の劇評 11月歌舞伎座昼の部

十一月歌舞伎座昼の部の「先代萩」は花水橋、竹の間、御殿、床下、対決、刃傷の通し。またかと思ったが見れば見たでさすがに当代の役者揃い。顔見世らしく充実している。ことに「竹の間」が近来になく面白い。菊五郎の政岡、仁左衛門の八汐が前回とは大いに違って、虚実、善悪、陰陽、東西の芸風、その対照まことに面白いからである。(2006年11月歌舞伎座昼の部)

昼の部の「先代萩」の通し、流石に顔見世にふさわしい豪華な顔ぶれです。そして各人の芸が絡み合い素晴らしい舞台のようです。これから観にいきますので、「竹の間」が楽しみです。そして三津五郎の「願人坊主」も良いとのこと、楽しみです。