2007年1月26日金曜日

大阪松竹座観劇レポ

今月の松竹座は東西の座頭競演、成田屋親子の「勧進帳」と、気になっていました。いつも感想を送って下さる由比ヶ浜さんのレポを、お許し頂いたので、下記に記します。初日のテレビでの「勧進帳」を観た時は、あんなに力入れて楽まで大丈夫かしらと思いましたが、無事勤められた由安堵しました。

初日に観劇し、21日は二度目の観劇となりました。
座席の場所が違うと、前回気づかなかったところに気づいたりして面白かったです。

「毛谷村」
翫雀の六助が実直そのものでよくあっていたと思います。扇雀のお園は、恥らったりするところで女っぽすぎて、やりすぎと思いました。弥三松を演じる坊やがとっても幼いお子さんでかわいかったです。

「勧進帳」
弁慶&富樫が対等にがっぷり四つで、とても力強かったです。(初日には、海老蔵の富樫がほんの少し負けてるように思いましたが)
泣き上げが初日より大げさになっていたように思いました。團十郎の弁慶は、初日はこんなに力いっぱいで楽日まで大丈夫かと思いましたが、まったく力衰えることなくとっても充実していました。藤十郎の義経も気品がありよかったです。

「封印切」
上村吉弥のおえんは、初日より、廓の女の雰囲気がでていました。(初日もうまかったんだけれど、どこかに武家の奥方の感じが残っているように思いました。ひょっとしたら私が今までの吉弥さんの役の印象を引きずってみていたのかな。)

「毛抜」
文句なしに楽しかったです。回をかさねて演じていくと、もっとゆとりが出て観ている方にも大らかさが伝わってくるでしょうね。手をつき平伏の姿勢でじっとうつむいているとき、しきりに唇をなめている?ようでした。どうしたのかしらと気になりました。

「山科閑居」
今回は、舟をこがずに観させて頂きました。今まではあまり好きではない演目だったのですが、少し見所がわかったかなと思いました。戸無瀬&小浪が、お石に祝言をさせましょうと言われて喜ぶところが、はしゃぎすぎで品がなかったです。

「藤娘」「供奴」
最後は、成駒屋兄弟で締めてくれました。供奴はテレビで観た富十郎さんのキビキビして颯爽とした奴さんが強烈に印象に残っているので、翫雀さんはいっぱいいっぱいという感じがしました。