2007年1月5日金曜日

国立劇場初春歌舞伎初日の鏡開き

平成19年国立劇場初春歌舞伎公演「梅初春五十三驛(うめのはる ごじゅうさんつぎ)」は、初日(3日)開演前の鏡開きで、開場40周年にふさわしい華やかな幕開きとなりました。朝早くからご来場いただいた大勢のお客様でにぎわうロビーで、尾上菊五郎丈、中村時蔵丈、坂東三津五郎丈、尾上松緑丈、尾上菊之助丈、津田理事長により樽酒の鏡が開かれ、枡酒が振舞われました。(初春歌舞伎公演、鏡開きや獅子舞で華やかに開幕|日本芸術文化振興会)

テレビで紹介されていましたが、写真が載っています。



初春の賑わいが伝わってきます。