2007年1月7日日曜日

二代目中村錦之助襲名

「叔父とは、子供のころから同じ舞台に出ていました。物心がつくようになって、『芝居は呼吸(いき)である』と教えられた。呼吸は『意気』でもあり、『間』でもある。芝居は間がはずれたら大変ですから」 初代錦之助を彷彿(ほうふつ)とさせる端正な面ざしから、芝居にかける意気込みがほとばしる。(http://www.tokyo-np.co.jp/00/mei/20070106/ftu_____mei_____002.shtml)

私の世代は「錦ちゃん」という愛称で呼んでいたのですが、面ざしの似ている信二郎さんがその名を襲名されることになり大変うれしいです。



富十郎さんの教えを確実に身につけて、セリフ・演技・踊りと精進されますように、ご襲名おめでとうございます。