2007年1月10日水曜日

中村梅玉のひとりごと 2007/1

正月の舞台でございますが、序幕の踊り「松竹梅」の松の巻で業平を踊っております。昨年9月に「六歌仙」の業平をいたしましたが、今回は従者の幸ちゃん(橋之助丈)との踊りとなっております。正月の祝の舞、雅に平安の歌人を踊らせていただいております。(baigyoku.com ひとりごと)

梅玉さんのひとりごと、去年の総まとめのようなお話の中に4月の五年祭が印象に残っているとか、散りて後も立派に大輪の牡丹を咲かせている大成駒の存在を感じました。



今年お正月のお役のことも書いておられます。今や在原業平は梅玉さんのようなお人だったのではないかと、イメージがぴったりです。