2007年3月25日日曜日

渡辺保の劇評2007/3国立小劇場

簡潔で、空間のスミズミまで玉三郎らしいすぐれて美的感覚があふれたいい舞台である。(<a href="http://homepage1.nifty.com/tamotu/review/2007.3-2.htm">2007年3月国立小劇場</a>)

やっと本日観てきました。脚本募集の要項に”歌舞伎俳優が演じられれば、時代、世界は問わない”というようなことが書いてありました。成る程下座もない、花道も使わない今回の舞台ですが、歌舞伎俳優が演じて、充分に満足できる内容でした。



前半は殺しが続き陰惨な場面が多いのですが、後半に安らぎが感じられて、最後は澄みきった清々しい気分になりました。



それもこれも、玉三郎がマリア様のように(仏教ですから観音様といえば良いのでしょうが私にはマリア様に見えました)神々しく、美しいからです。



他の役もみんな性格がくっきりとしていて、好演でした。右近の照夜の前はめずらしい女形の役で、この人の新しい面を発見できて面白かったです。