2007年6月19日火曜日

「新曲浦島」全幕初上演

東京芸術大学創立120周年の企画。9月13日に東京・上野の東京芸大奏楽堂で上演する。歌舞伎の坂東三津五郎をはじめ、日本舞踊家、能楽師らが出演。能の謡、長唄、箏曲、常磐津節などの邦楽に加え、洋楽も入る。 (asahi.com:逍遥がワーグナーに対抗し創作「新曲浦島」 初上演 - 演劇 - 文化・芸能)

長唄の人気曲「新曲浦島」は序にあたるようです。邦楽・洋楽を交えての大演奏、是非聞きたいものです。三津五郎さん等舞踊家、能楽師も出演という豪華さです。



芸大の奏楽堂は客席に窓のある会場です。昼間は自然光が入り、昨今の劇場にはない暖かいぬくもりを感じる小屋です。もちろん音の響きも良く、心地よい空間であります。



訂正させて頂きます。



演奏の会場は学内にあるホールとのことです。



勘違いしまして済みませんでした。