2007年6月13日水曜日

六月大歌舞伎劇評 小玉祥子

昼の最初が「妹背山婦女庭訓」の「小松原」「花渡し」「吉野川」。際立つのは「吉野川」。坂田藤十郎の定高、幸四郎の大判事、梅玉の久我之助、魁春の雛(ひな)鳥とそろう。(MSN-Mainichi INTERACTIVE 歌舞伎)

「吉野川」の場は主たる四人のバランスがよくないと盛り上がりません。今回は技量共に揃った配役で、充実しています。