2007年6月7日木曜日

梅玉のひとりごと 2007/6

高麗屋さんも私も、そして魁春も、散々父に叱られた作品でございますので、それぞれがその時のことを思い出しながら、尚且つ山城屋の兄さんの定高に合わせて、と申しましても私自身はご一緒するところはないのですが、演じております。梅幸おじさんに教えていただいた私の好きなお役の一つでございますので、心して大切に勤めて参る所存でございます。(baigyoku.com ひとりごと)

梅玉さんは立役ですが、定九郎や悪役より、梅幸さんが得意だったお役がとってもニンに合って結構だと思います。梅幸さんの久我之助良かったですね。