2007年7月26日木曜日

風・流〈4〉 坂東三津五郎

足を引きずらないように、ひと足ごとにきちんと足を上げること。また、奴が走る振りのときは、片方の足が地に着く前に、もう片方の足を上げる。つまり、一瞬両方の足が宙に浮いた状態で走る、というのが口伝になっています。(【風・流】坂東三津五郎〈4〉 : 伝統芸能 : 舞台 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

シリーズ4回目は奴の足づかいについてです。軽やかに走っているようにみえますが、口伝通りにするのは努力がいることでしょう。