2007年7月6日金曜日

【風・流】坂東 三津五郎〈3〉

つまり「長唄」の軽快な演奏による舞踊表現と、「常磐津」の飄逸(ひょういつ)味を伴った土着感、「清元」の繊細な情緒感、「義太夫」の太棹の迫力に負けぬ力強さなど、その作品によっての表現方法を、多岐にわたって身に附けなければならないのです。そして、そうした表現方法を使い分けできるようになった時に初めて、本当の意味での踊る楽しさが、この身に宿るような気がしています。(歌舞伎俳優)(【風・流】坂東 三津五郎〈3〉 : 伝統芸能 : 舞台 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

一言で三味線音楽といってもいろいろあります。長唄・常磐津・清元・義太夫以外にも「助六」でお馴染みの河東節、地唄・・・それぞれ微妙に違います。



<そうした表現方法を使い分けできるようになった時に初めて、本当の意味での踊る楽しさが、この身に宿るような気がしています。>



三津五郎さんがこう語れるまでには、何十年も精進されたからだと思います。



私は地方さん方の人数確保に大変な現状を憂いています。同月で4~5劇場(地方も含めて)で踊りがあれば、頭数を揃えなければなりません。歌舞伎座など長唄で大物では9丁9枚という時があります。興行ということで仕方ないのでしょうが、せめて3劇場くらいなら、もう少し余裕がでると思います。



ブログ アーカイブ