2007年7月12日木曜日

上村以和於の観劇偶談 菊之助という役者

なんといっても、菊之助の自信溢れる舞台ぶりが印象的である。琵琶姫と獅子丸の間をめまぐるしいまでに往復するのが、単なる仕分けでなく、琵琶姫の中から獅子丸が、獅子丸の中から琵琶姫が現れるかのように見えるのが面白くも素敵である。この面白さは初演にはなかった。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)

前回のを単に再演するのではなく、演出面も見直され、特に主演の菊之助が複雑な役を自由に自分の感覚で演じて、一段と面白い舞台になっているようです。



ブログ アーカイブ