2007年7月6日金曜日

「夏休み夢舞台」横浜能楽堂

4年前の初回から毎回出演している宝生閑=写真=は、「子供たちに良いものを見せておかないと後に続かない。先人がそういう事をしてくれたから、今につながっている。こういうメンバーは子供への見せ方として理想的だと思う」と話す。(30日に横浜能楽堂「夏休み夢舞台」 人間国宝級ずらり出演 : 伝統芸能 : 舞台 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

人間国宝がずらりと揃う正に夢舞台です。子供に良いものを見せておくという考えは同感です。その時は分からなくても、大きくなって何か心に残ると思います。伝統芸能に親が積極的に連れていくのが、将来日本文化の発展に繋がると思います。