2008年3月3日月曜日

藤十郎の道成寺

上方役者としてのこだわりもある。「問答」の所化には初めて上方役者ばかりをそろえ、「上方なまりでやってみようかと」。 また、「道行」の衣装も曲名通りの「京鹿子」を着て上方の娘らしくしたいという。後シテの鬼女は、赤頭に隈取(くまどり)をするが、「強いメークでない方がいい」。(東京新聞:荒事、和事が組む歴史的な公演に 3月大歌舞伎 市川團十郎と坂田藤十郎:伝統芸能(TOKYO Web))

いつもの「問答」とは大分違うようです。道成寺は和歌山県ですから上方なまりでもおかしくないのでしょうが、何度も見てお馴染みの狂言なだけに違和感を感じてしまうかも知れません。