2008年4月10日木曜日

渡辺保の劇評2008年4月歌舞伎座

この弁慶は芝居がまことにわかりやすい。たとえば山伏問答など、かんで含めるようですみかるすみまでよくわかる。それが説明ではなく面白さになっているところが芸である。(2008年4月歌舞伎座)

仁左衛門久々の弁慶が話題を呼んでいます。十一代目團十郎のようにスマートな弁慶、格好良いですね。姿だけではなくハラがあるので面白いのでしょう。