2008年4月4日金曜日

こんぴら歌舞伎舞台稽古

海老蔵さんは「今までにない若い座組(ざぐみ)。若さゆえの元気を見せられれば。桜の中、お客さまと一体になれる芝居を作りたい」と抱負を語った。  4日は金刀比羅宮への成功祈願や恒例の町内「お練り」行列などがある。(本番さながら迫真演技-こんぴら歌舞伎、5日開幕―四国新聞社)

今日はお練り、明日初日と、今年もこんぴら歌舞伎が始まります。



>お客さまと一体になれる芝居を作りたい<



との海老蔵さんの願いは叶えられること請け合いです。