2008年4月10日木曜日

「閻魔と政頼」再演

今回の上演にあたりましては、脚本や振付に手が加えられております。前回は二畳台の上に鎮座ましましたままの閻魔様が、このたびは鷹狩りの音頭とりとて自ら陽気に踊るようになり、それにあわせて勢子役たる小鬼たちの振りも変わりました。またこの小鬼さん、名題下が演じていますから、後半でトンボも返るようになり、政頼の鷹狩りのくだりが大変派手に、にぎやかになったように見受けられます。(梅之芝居日記)

名古屋の様子を梅之さんがブログにかかれています。「閻魔と政頼」は昨年歌舞伎座で初演された播磨屋の作のものですが、今回は少々手が加わり一段と面白くなったようです。