2008年7月13日日曜日

渡辺保の劇評 2008年7月国立劇場

時あたかも歌舞伎座の海老蔵との「四の切」競演、あっちに花があればこっちには実がある。向うが猿之助型ならば、此方は富十郎が御師匠番の純音羽屋型。歌舞伎は型の芸術だから、その型の違い、その違いの面白さを見比べるにはもって来いの一幕である。 (2008年7月国立劇場)

「四の切」競演!歌昇は音羽屋型、実力は充分あるしセリフも上手い、海老蔵とは違った良さがあると思います。見比べるのも一興でしょう。