2008年7月18日金曜日

坂東玉三郎今月のコメント 2008年7月

今回の『高野聖』の上演の為に初めて高野山へ行って参りました。高野山は空海上人で有名でございますが、本当に素晴らしいお山でございました。『高野聖』という演目はお坊さんが、修業している間に一瞬にして見る夢と言いましょうか、煩悩から離れていくためのプロセスが泉鏡花先生の閃きとなって短編小説となったわけです。お山に行きますとそのような気分が沸々と出てまいりました。舞台上には蛇や蛙、ムササビやコウモリや猿などが出てきますが、最後には非常に浄化された気分になり、泉先生独特の世界観があるということを強く理解しました。私は俳優としてどのように演じられるか、またお客様はどのように受け取って頂けるかなど、まだ解りませんが度々上演できるような出し物になればと願っております。(坂東玉三郎ページ)

この小説を歌舞伎座の舞台でどう演出するか?そのヒントはやはり現地を訪れてイメージが湧いてきたのだと思います。舞台に登場する動物たちの多いこと、深山幽谷を表す大道具、独特な空間が充分感じられ、面白い作品に仕上がったと思います。度々上演できるような出し物になればと、言われておられるのはうれしい限りですね。