2008年8月10日日曜日

芸術祭十月大歌舞伎 演目と配役

歌舞伎美人



音羽屋の極付の狂言「魚屋宗五郎」に女房おはまの役を玉三郎が演じます。これは新鮮です。生世話物の白塗りでない役も手がけて、芸域を広げることでしょう。八重垣姫は三姫の中でもたっぷり見せ場がありますから、円熟の芸が堪能できると思います。菊之助の勝頼もあの十二夜を想い出す衣裳で、いかにも美男の武将らしく期待です。「直侍」今回も田之助の丈賀ですね。華やかな踊りが三題というのも楽しみです。