2008年8月24日日曜日

犬丸治の劇評 「稚魚の会・歌舞伎会」

さて、今年の合同公演。筋書きの最後の出演者、休演者の顔写真を観るたびに、現代歌舞伎に占める修習生出身者の存在の大きさに改めて思いを致す。一期~九期などもはやワキの手練れでもはや「稚魚」とは言い難いばかりか、本公演に欠かせない存在となっており、今回の公演も自ずと十期以下が中心となる。(2008年8月「稚魚の会・歌舞伎会」評  犬丸治)

今日の歌舞伎界に欠くことのできない存在であり、熱心で、真面目で、努力家であります。そしてみんなが歌舞伎を愛しています。彼等を育てた先輩方も舞台の成果をみて喜んで居られることでしょう。