2008年9月9日火曜日

「源平布引滝」の義賢と実盛を演じる海老蔵

「竹生島遊覧」は、「物語」で小万の腕を切ったいきさつを身ぶりで語るところと重なるので、めったに演じることがない場。今回は「あくまで筋をしっかり追っていこうと。物語と見比べてもらえれば」。(東京新聞:<歌舞伎>新橋演舞場『新秋9月大歌舞伎』 市川海老蔵 義太夫狂言の義賢、実盛:伝統芸能(TOKYO Web))

古典の難しい役をじっくり自分のものにしたいという、前向きの姿勢が観る側にも伝わってきます。いつも白旗を持った片腕が突然出てきて、訳が通らない感じでしたが、「竹生島遊覧」の場を観ると、成る程と筋が通ります。こんな気配りがうれしいです。





ブログ アーカイブ