2008年10月22日水曜日

上村以和於の今月の一押し 2008年10月

菊之助を襲名して売り出した前後、祖父梅幸の若き日はかくもやあらんと思ったことがあるが、そっくりさん的な意味ではともかく、その資質の最もすぐれたところは今もって梅幸ゆずりなのだということを、この勝頼は確信させてくれた。(梅幸といえば、今月は勘三郎が塩冶判官で、梅幸にまねび学んだ真骨頂を見せている。)勝頼という役は、何もせずにすっとしていて、ああいいなあ、と思わせるかどうかが勝負である。梅幸という人はそういう役が絶品だったが、菊之助の勝頼も、レベルはともかく、まさにそういう勝頼である。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)

今月は各座とも候補があって絞れないようです。



菊之助は祖父譲りの資質を持っていると言われていますが、私も同感です。この後いろんなお役を演じていかれると思いますが、祖父と父の役どころ両方マスターしてほしいですね。