2008年10月8日水曜日

渡辺保の劇評 2008年10月平成中村座Bプロ

久しぶりの仁左衛門の由良助は、今日吉右衛門と双璧の立派な由良助である。  まず前半のせりふが一つ一つ生きていて、作者が苦心して書いた言葉の面白さがよくわかる。口跡のよさでもあるが、語る芸の面白さ、義太夫がハラにはいっているからこその明晰さで実に面白かった。(2008年10月中村座B)

勘三郎の勘平が良い出来とのこと。うれしいですね。歌舞伎の将来を考えて今の時代に合った芝居を、と精力的に活動している中村屋を、歌舞伎道から遠くなっていくように思えて憂いていました。これからは二刀流で活躍して頂きたいです。



仁左衛門の由良助は、やはり義太夫が身についているので、上手いのですね。若手の役者さんももっと義太夫を勉強して欲しいものです。