2008年10月6日月曜日

玉三郎の今月のコメント 2008年10月

九月秀山祭の早瀬と岩長姫。10月芸術祭のおはまと八重垣姫。昼と夜ではずいぶん違う役柄を演じさせて頂きます。俳優と言いますのは役柄の違うものをやり分けることの困難もありますが、ある意味ではやり甲斐のあることでもございます。(坂東玉三郎ページ)

先月の「日本振袖始」の詳しい説明、当月のお役のことなど大変興味深いお話しです。いろいろなお役を演じるのは、大変ではあるがやり甲斐のあることだと言われていますが、見る側にとっても様々なお役が見られてうれしいことです。