2008年11月27日木曜日

河村常雄の劇場見聞録 2008年11月新橋演舞場

梅幸の政岡は晩年だったためだろう、重厚で貫禄があり、慈愛と包容力に満ちていた。「慈母」であった。 菊五郎は、正義感が舞台を支配し、悪臣を懲らしめるお家物そのものであった。梅幸より歌右衛門に近い。「鉄母」とでもいおうか。 菊之助の政岡は幼子を持つ若妻。まだ顔が細いためか、片外しが大きく感じる。あふれる優しさは、「聖母」の如し。 父、子、孫と直系でありながら、かくも異なる味わい。現役の菊五郎、菊之助の政岡はこれからどう変化していくのだろうか、興味は尽きない。歌舞伎の面白さはここにもある。(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

私も、政岡を親子三代見ています。兎に角、梅幸の政岡は母性愛を感じました。菊之助は政岡の実年齢に近い、若い母親がいくらお家の為でも我が子を目の前で殺される、その悲しさ、不条理などが生に感じました。河村さんは、「聖母」の如し~と言って居られますが、実に清らかな政岡です。



「吉野山」の静は、やはり梅幸に似ていて、ほんわかと可愛ゆらしい感じでした。忠信が物語するところ、ただ座ってみているだけなのに、忠信をじっとみている姿があんなに可愛いくやさしい眼差しの静は初めてでした。父の忠信の時とは違いました。やはり変な緊張がなく同世代気持が通じるのでしょうか。松緑の忠信も大きく、明るくきびきびしていて良かったです。将来彼の代表となる踊りになるでしょう。こちらも三代の忠信をみています。





葵大夫の今月のお役~龍虎

俳優さんは坂東流の重鎮の先生方が振付に見え、10三津五郎丈も舞台稽古、また初日が明いて数日後、ご自身の巡業の合間を縫って指導に見えました。こちらも後見の方のお仕事がたいへんで、着せ替え・引き抜き・企業秘密の○○などを曲の制約された中でこなされます。開幕前、龍虎のお二人が舞台からセリに乗って、奈落で待機なさいますが、それを送り出す後見のお弟子さんが合掌されます。師匠の無事・後見の仕事の完遂…なにをお祈りかご心中はわかりませんが、「思い」が伝わってまいります。(今月のお役)

大変興味深いお話です。文楽でも演奏されたこと、三味線の調子がかなりこみ入っていること等詳しく紹介して頂き、有難いです。



動きが激しく見ている私たちでも、怪我がないようにと思います。まして後見の方は祈らずにはいられないのでしよう。



迫力ある竹本の演奏で舞台が盛り上がったと思います。



2008年11月20日木曜日

本日20日 徹子の部屋 海老蔵出演!

徹子の部屋 - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]



予約間に合いますか?楽しみです。



3月花形若手歌舞伎公演 2009年3月国立劇場

河竹黙阿弥=作 尾上菊五郎=監修



通し狂言 新皿屋舗月雨暈 四幕六場-お蔦殺しと魚屋宗五郎-(公演情報 詳細|日本芸術文化振興会|3月花形若手歌舞伎公演)



国立が若手公演と銘打ってのトップバッターは松緑でず。「新皿屋舗月雨暈」の通しです。お蔦殺しの真相が分かって、お家騒動としての話しが盛り込まれます。



三津五郎の今月の役どころ 2008年11月

第一にお客様のことを考え、こういう明るく楽しいファンタジーな作品がいいのではないかと芝雀さんと相談し、二人で決めました。京人形、甚五郎の他にも、女房、奴、お姫様、捕手頭と、一座の人間が揃いますしね。数日やったところですが、どうやらお客様は喜んで下さっているようです。 (今月のスケジュール)

三津五郎さんは芝雀さん達と巡業です。私も所沢の時に見に行きました。大分前に演目をみて、これは楽しそうと思い早々に申込みました。



「魚宗」は夫婦のやりとりもよく、いかにも世話物という感じでした。萬次郎さんのおなぎさんには驚きました。こんな若いお役最近みていませんので・・・でも綺麗で娘らしかったです!



「京人形」は大好きな踊りです。最期の立ち回りもありますし、普段あまりご覧にならない方でも分かりやすく楽しい舞踊劇だと思います。



大和屋のセレクトに一本!



2008年11月17日月曜日

10月国立劇場賞のお知らせ

10月歌舞伎公演「大老」の受賞者は下記の通り決まりましたのでお知らせ致します。



○優秀賞中村 歌昇(古関次之介の演技に対して)



○特別賞 中村 吉之丞(老女琴浦の演技に対して)       



○特別賞 中村 歌江(老女雲之井の演技に対して)(10月歌舞伎公演 国立劇場賞のお知らせ|日本芸術文化振興会)





歌昇さんの明晰な演技は全体の中でのアクセントのように感じます。



吉之丞さん、 歌江さんも貴重な方です。これからもお元気で舞台に出て頂きたいです。



皆様、ご受賞おめでとうございます。





梅玉のひとりごと 2008年11月

魁春のお静の方が、播磨屋とのやりとりが似合っていて、どこか父の舞台に似ているので不思議な気がいたしました。この月復帰した歌江さんが吉之丞さんと一緒に国立劇場優秀賞を受け嬉しいかぎりです。これを励みに益々元気に舞台を勤めてほしいと思っております。(baigyoku.com ひとりごと)

10月の国立劇場のお話しと、今月の歌舞伎座のお役について書かれています。



吉右衛門と魁春コンビはなかなか良い感じでした。そして歌江さんの復帰も喜ばしいことでした。



2008年11月16日日曜日

黙阿弥の誠実さ

好んで泥棒を取り上げたイメージとは裏腹に、彼のモットーは「三親切」。「座元に親切、役者に親切、お客に親切」というもので、寡黙で誠実な人柄で知られました。手がけた作品、実に三百余り。日本がこぞって西欧化しようとする転換期に、人の心をつかんだ地道な創作活動が名作を生み、歌舞伎の寿命を確実に延ばしたのです。 (東京新聞:<幕の内外>誠実な作家『河竹黙阿弥』 江戸の情緒、退廃を描写:伝統芸能(TOKYO Web))

人気の高い黙阿弥のお芝居は、ここに書かれているように、役者も気持良くセリフが言え、それを聞く観客も胸がときめき、お客が入れば劇場は大入り万歳、こういうしくみになっていた訳です。それにしても文明開化の世に、よくぞ大江戸の情緒色濃い世界を書いてくれたと思います。



渡辺保の劇評 国立劇場11月

欠陥の第一は、世話物らしいリアリティがないことである。たとえば第一幕第一場不忍池出合い茶屋。幕が開くといきなり新内仲三郎の出語りで、白塗りの染五郎の神谷芳之助の道行風の出になる。「かさね」や「十六夜」と同じ趣向だが、それはいいとしてもそのあとがいけない。無人の一座ということもあるだろうが、出合い茶屋の人間が誰一人出て来ず、さながら荒野の一つ家の如くまるでリアリティがない。世話物の楽しさがない。それにこういう怪奇物は細かい日常の描写があって、そこへ不意に非日常があらわれてこそサプライズも怪奇も深まる。 (2008年11月国立劇場)

渡辺先生のご指摘に納得しました。いわゆる世話物のお芝居は物売り、通行人、下働きの者などが登場し、雰囲気作りをします。そしていくらシンが良くてもワキが拙いと、その芝居は成功しません。今回は主となる役の方が殆どで、脇があまりいませんでしたので難しかったのでしょう。



乱歩を歌舞伎にという着眼点は大変面白いので、練り直して再演して欲しいです。



2008年11月13日木曜日

豪徳寺散策

豪徳寺散策
豪徳寺散策
豪徳寺散策
11月8日土曜日に豪徳寺へ行って参りました。



小田急豪徳寺駅下車、徒歩10分ぐらいだったと思います。



写真1は参道入口、写真2は井伊直孝の墓、3は井伊直弼の墓です。



この寺は世田谷の領主であった吉良氏が創建した寺院で弘徳院と称していましたが、江戸初期に世田谷領は彦根藩領となり、以来井伊家の菩提寺となりました。雨宿りの逸話の2代直孝が没し、その法号 久昌院殿豪徳天英大居士 にちなみ豪徳寺と改名されました。写真2にはこの法号が刻まれていますが読みとれませんね。



かなり広い敷地が井伊家代々のお墓になっています。一族の墓石やら藩士とその家族の墓石など合計三百あまりの墓基になるそうです。数年前はうっそうと樹木が茂っていて昼でも暗く怖かったそうですが、今はすっかり木が整理され、見通しの良い場所になって居ります。歴代の藩主のお墓が並ぶ中、井伊直弼のお墓だけお花が手向けられていました。写真3が直弼の墓です。3月3日には大勢の人がお参りに行かれるのでしょう。



先月の「大老」をみて、訪れたいと思っていましたので、念願叶ってうれしかったです。皆様も秋色の豪徳寺へお出かけになってみて下さい。



三代目坂東三津五郎展

関連演劇講座「三代目三津五郎の芸を探る」



日時:2008年12月18日(木)17:30~19:00 (17:00開場予定)



会場:早稲田大学大隈小講堂(定員300名)



講師 :十代目坂東三津五郎丈(歌舞伎役者・日本舞踊坂東流家元)



※入場無料・事前予約不要(会場定員に達した場合、ご入場いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください(早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館)



(演劇博物館で開催される「三代目坂東三津五郎展」関連の講座として、当代坂東三津五郎さんが講演なさいます。三津五郎さんはお話が上手で、わかりやすく説明して下さるので楽しみです)



『三代目坂東三津五郎展』 その足跡と衣裳



於  早稲田大学演劇博物館 2階企画展示室 入館無料



前期 11月15日~12月2日



後期 12月4日~12がつ22日



休室日 11月23日・24日 12月3日





河村常雄の劇場見聞録 三津五郎にインタビュー

10月の名古屋・御園座「顔見世」で、「金閣寺」の松永大膳、「河内山」の河内山宗俊と、時代物・世話物両分野の大役を好演した坂東三津五郎にインタビューした。(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

先月の名古屋御園座で演じた、「金閣寺」の松永大膳、「河内山」の河内山宗俊のお役についてのお話でず。



犬丸治の随想~国立劇場「人間豹」

乱歩は「探偵小説」だろう。つまり「推理小説」である。原作「人間豹」は、ホラー的色彩が強いものの、随所に乱歩らしいトリックと、それを暴く明智の機智があって読ませる。 ところが、今回の舞台には「推理」もトリックもないのである。 全てが場当たり、当てずっぽう。 たとえば序幕第三場の「ウズメ舞の場」で、将軍がお忍びで見世物を見に来る(松平健かね?)ので観衆も「目がつら」を着けるというのは、原作の「レビュー仮面」だが、これはレビューの舞台で江川蘭子を拉致しようとするとき、人間豹が群衆に紛れて逃げるトリックなのに、今回は全く意味がない。(2008年随想・漫筆・余滴)

今回の企画、私は密かに期待していました。少年少女文庫の乱歩を読んだきりでしたので、古本屋で文庫本を買い一気によみました。当時の東京の様子が分かり、人々の暮らしがいきいきと書かれていて面白かったです。もちろん罠にはまる所などハラハラドキドキして、推理小説の楽しみも堪能できました。読後、あの場面はどこにするのかな?トリックはどう見せるのかしら?といろいろ想像し、早く舞台が見たいと思っていました。



岡本綺堂の「半七捕物帖」は何本か舞台化され、人気を得ました。乱歩も今回成功すればシリーズ化も可能かと思ったり致しました。



さて、5日に期待を胸に国立劇場に行きました。序幕、不忍池、弁天島の茶屋の場、いきなり新内の演奏で良い雰囲気です。神谷芳之助(染五郎)とお甲(春猿)の色模様、そこに蕎麦屋がいて、彼のセリフは新内の語りが受け持つ。これは人間豹だなと分かる。果たして、直にお甲はかの鉤爪で肩を傷つけられ、殺されます。この幕は時代を江戸に移し、突然恋人が殺されてしまう物語の最初として納得いきました。



次の場、ウズメ舞のところでは、犬丸氏が指摘されているように、レビュー仮面の変わりに目がつらを代用、しかし人間豹がこれをつけてうまく逃げるというトリックは採用されない。ならば、この説明は意味が全くない。原作ではこの劇場では蘭子は助かり、次の展開へと続くのだが・・・長くなるので短縮は仕方がないが、カットしすぎで2時ちょっとに終演?同じ料金を払っているのに損した気持になりました。30分の休憩一度だけ、15分の休憩でもう一幕あっても良かったと思います。



染五郎の神谷と人間豹の二役、春猿のヒロイン3役、幸四郎の明智と好配役なのに残念でじた。



2008年11月11日火曜日

渡辺保の劇評 2008年11月歌舞伎座

南北の主題はまさにここにあって、南北はそういう武士のプライドを批判したのである。赤穂義士だの忠臣だのといったところで源五兵衛は所詮殺人者ではないか。殺人者でも義士になれるのか、というところに南北のブラック・ユーモアがあり、さらにその指摘は赤穂浪士の仇討に対する批判にもなる。源五兵衛は多くの人を殺して、今また、新しい殺人に向う。仇討も一皮むけば殺人にすぎない。これは社会制度によって公的に認められる殺人――戦争から死刑に至るまでの、現象への批判である。そこが南北の新しさであり、現代性である。 (2008年11月歌舞伎座)

このお芝居はさらっと見たのでは理解できない。忠臣蔵と四谷怪談の世界がない交ぜになっているだけでも複雑なのに、ブラックユーモアを解するまでは時間がかかると思います。何よりも赤子を殺すシーンは、舞台を正視できません。最近社会を騒がせている猟奇殺人を連想し、ぞっとしてしまいます。渡辺先生ではありませんが、仁左衛門さんでは綺麗すぎ?です。



私も歌昇さんの実直な家臣が、砂漠のオアシスのように感じました。



夜の部「寺子屋」で一つ疑問に思った箇所がありました。松王と千代が我が子の最期の様子を聞き、泣くところで、千代が夫のヒザに右手を置き左手は袂で泣き崩れる~千代も大泣きしますが離れた位置で泣いていたと思いますが、型の違いでしょうか。皆様のご意見お聞かせ下さい。



「船弁慶」は豪華キャストですが、菊五郎は「土蜘蛛」のほうが良いですね。前シテの静は立ち役が多い昨今では窮屈そうに見えました。菊之助時代は静が本役でしたのに・・・



時蔵さんは一門の方とご一緒に、祖父時蔵の50回忌を立派に務めていらっしゃいます。



2008年11月10日月曜日

松緑の忠信

「祖父(二世松緑)も得意にした演目ですし、同世代の菊之助さんと踊れてうれしい。東京では初めての披露」と松緑。(東京新聞:<歌舞伎>『吉野山』で狐忠信 尾上松緑 りりしさと色気 派手やかな舞台:伝統芸能(TOKYO Web))

意外や、東京では初めてだとか、祖父、父がよく踊っていた「吉野山」、当代も継承して得意演目になるでしょう。二代目松緑と梅幸のは何回も観ています。孫に当たる現松緑と菊之助の「吉野山」が見られるのは私にとってもうれしいことです。



2008年11月7日金曜日

i岩豪友樹子さんのHPのご紹介

「歌舞伎が大好きでいらした乱歩先生も喜んでくださって、毎日でも観にきてくださるのではないかな」と仰っていた高麗屋さんのお言葉が耳に残っています。(こゆき茶屋 岩豪友樹子)

乱歩は大変歌舞伎好きで文士劇にも多く出演なさっています。人間豹の扮装や縦横無尽の動きなど、喜んで見て居られるでしょう。



河村常雄の劇評 2008年11月歌舞伎座

時蔵の八重桐がいい。祖父三代目の当たり役を継承すべく、三度目の挑戦。紙衣姿のやつしに無理がなく、全盛を誇った遊女時代の矜持もあり、何よりも滑らかなしゃべり芸が進歩のあとを伺わせる。大力となってからの、ぶっかえりを含めた大立ち回りも、女形の規を超えず、しかも鮮やか。爽快な気分になる。(河村常雄の劇場見聞録 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

入口左に三代目時蔵の遺影が飾ってあります。2階には縁の品などが展示してあります。今月は時蔵の月という認識が舞台でも感じられます。八重桐は時蔵が一番と言われるようになると思います。三代目、四代目、当代と引き継がれる大切なお役ですね。



松王丸の衣裳完成!

去年の9月に仕事の依頼を受け、途中で中断もありましたが 1年以上かかりました。来年から始まる「歌舞伎座さよなら公演」でお披露目されるそうなので、羽織の刺繍もラストスパートに入っています。(きままに写楽)

依頼を受けて1年以上かかって、この程完成したとのことです。さて何月になるのでしょうか?楽しみですね。



2008年11月6日木曜日

中村勘三郎、紫綬褒章を受章

日本俳優協会理事の歌舞伎俳優・中村勘三郎さんが紫綬褒章を受章しました。(俳優ニュース)

意欲的に、新しい試みで次々と歌舞伎をふくらませてくれるマジシャン!特に今年は大変活躍なさいました。ご受賞おめでとうございます。



中村富十郎が文化功労者に

そして来年は私の研究会「矢車会」で『勧進帳』と『連獅子』をやらせていただきます。さらに将来の夢として、聖徳太子を讃える演目を、本興行で1つ、それとは別に、新しい演出で一つぜひ実現したいと思っています」と熱く語っていました。(俳優ニュース)

富十郎さんが舞台に出られると、空気が変わります。パァーと明るくなり、舞台が締まります。後輩の役者さんに熱心にご指導なさったり、歌舞伎をこよなく愛していらっしいます。矢車会で弁慶を演じるようです。お若いですね。親子で『連獅子』を踊るのは最高の幸せでしょう。ますますお元気でご活躍願って居ります。



渡辺保の劇評 2008年11月新橋演舞場

海老蔵初役の仁木弾正の「刃傷」が凄まじい迫力である。その生々しさ、あふれる凄味、舞台のプロセニアムをこえて客席に迫ってくる迫力、例の大目玉でグッとにらんだ美しさは、遠く十一代目団十郎の傑作を思わせる出来であり、客席はただ息をのむばかりであった。(2008年11月新橋演舞場)

期待していた仁木弾正ですが、想像以上に素晴らしく、この役の魅力を十分に発揮しています。



菊之助の政岡はセリフが聞きやすいので、思いがよく分かり良かったです。



松緑はもうけ役、気分良さそうに演じています。



「龍虎」は無駄に引き抜きが多く、やたらに高い所から飛び降りたりで、役者さんのヒザ、コシが心配になりました。



昼の部未見。



ブログ アーカイブ